選考委員プロフィール

酒井 忠康(美術評論家・世田谷美術館館長) Tadayasu Sakai
1941年北海道生まれ。1964年に慶應義塾大学文学部卒業。同年、神奈川県立近代美術館に勤務。1992年から2004年まで館長、その間、ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、サンパウロ・ビエンナーレのキュレーターなどを務める。
1979年第1回サントリー学芸賞受賞。著書に『若林奮 犬になった彫刻家』『彫刻の庭』『彫刻の絆』『彫刻家との対話』『彫刻家への手紙』『ある日の画家』『芸術の海をゆく人回想の土方定一』など多数。現在、世田谷美術館長。



建畠 晢(多摩美術大学学長・埼玉県立近代美術館館長)Akira Takahata
1947年京都生まれ。1972年に早稲田大学文学部卒業後、多摩美術大学教授、国立国際美術館長などを経て、2011年より京都市立芸術大学学長、埼玉県立近代美術館館長、2015年より多摩美術大学学長。専門は近現代美術。1990年、1993年のヴェネツィア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、横浜トリエンナーレ2001、あいちトリエンナーレ2010のアーティステイック・ディレクターなどを務める。アジアの近現代美術の企画にも多数参画。詩人としても活躍し、1991年に歴程新鋭賞、2005年に高見順賞を受賞。2013年に萩原朔太郎賞を受賞。




池田 良二(武蔵野美術大学名誉教授・〈公財〉くにたち文化・スポーツ振興財団理事) Ryoji Ikeda
1947年北海道生まれ。1969年に武蔵野美術大学実技専修科研究課程修了、文化庁派遣芸術家在外研修員として英国に留学、1994年アルバータ大学(カナダ)客員教授を経て2005年まで准教授、アートスタジオ五日市(アーティスト・イン・レジデンス事業)開設からディレクターを務める。「歴史の然」等のパブリックアートに携わる。2003年タカシマヤ美術賞受賞。2009年紫綬褒章受章。2011年GUANLAN国際版画ビエンナーレ(中国)国際審査員。現在、武蔵野美術大学名誉教授。