Play Me, I’m Yours Kunitachi 2018

Photograph by Caio Buni

【 会期 】

3月16日(金) キックオフ
3月17日(土) ~ 3月31日(土) 街中に設置

【Play Me I’m Yours】

Play Me I’m Yoursは、英国のアーティスト、ルーク・ジェラムによるアートプロジェクトです。
2008年より欧州・北米・南米・豪州と世界を巡回しながら、約55の都市で1700台以上のピアノが設置されました。
2018年3月、日本では初めて国立市での開催が決まり、国立駅周辺、大学通り、芸小ホール周辺の通りや公園など10ヶ所に2週間設置します。

Photograph by Wellcome Trust

アーティストや調律・運送の技術者、設置場所のご提供者等のご支援の下、期間限定でピアノを置き、誰でも自由に弾くことができます。
行きかう人が一緒に弾いたり、歌ったりする機会を提供するだけでなく、写真や動画をウェブに投稿し世界中で共有するこのプロジェクトは、観客や演奏者ばかりでなく、まちの人々と一緒に進めていくプロセス自体がこのプロジェクトの始まりです。
まずはアップライトピアノ10台が必要です。プロジェクトに賛同しご不要になったピアノを寄贈していただける方、ぜひご連絡ください。

【主催・後援】

主催:(公財)くにたち文化・スポーツ振興財団 
後援:国立市・国立市教育委員会  
協力:ブリティッシュ・カウンシル 

【助成】

平成29年度文化庁『文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業」

【お問合せ】

くにたち市民芸術小ホール
 042-574-1515(担当:島崎)
 playme@kunitachibiennale.jp

Photograph by Sally Reay